「マンション管理士に独学で挑戦」

「初学者で独学」では可能性はほぼ皆無

 突然ですが、マンション管理士に独学で挑戦しようとお考えの皆さんに質問です。 皆さんはなぜ、独学にこだわるのでしょうか?

マンション管理士のような難関国家資格に独学で挑戦することは、ほとんどの受験生にとって容易なことではないでしょう。関連分野に関わる膨大な試験範囲の網羅、知識の習得等、講師なくして本当にご自身だけで対応できるでしょうか?教材選びはどうしますか?学習スケジュールはどのように組んでいくのが良いのでしょうか?
おそらく、よほど長年の知識の積み重ねがある、実務経験が豊富である等、特別な方でなければ自信満々で独学に臨める道理がありません。
しかしながら、毎年、多くの受験生がマンション管理士に独学で挑戦し、当然のごとくその大部分が合格を逃しているのが事実です。

 マンション管理士に独学で合格すること、これは皆さんにとって必ずしも「不可能である」とは言い切れません。市販本でも上手く活用して、学習時間もしっかりと確保しながら学習を進めていけば合格は望めるでしょう。また、得意の分野や関連知識が少しでもあれば、それが合格につながることもあるかもしれません。
ですが、もしもアナタが全くの知識ゼロ、なおかつ実務経験なしの状態から独学受験に挑戦するのであれば、受験勉強は文字通り、“いばらの道”となるでしょう。
初めてのことを学ぶのに講師がいない、そうなればすべてを自分自身で考え、こなしていかなければなりません。そうなれば、どうしても自己流の学習法に偏ることは目に見えて分かります。
資格試験合格においては、「傾向を把握して出題ポイントを着実に学ぶこと」が必須となりますが、独学の場合にはそれが叶えられず、結果的に非効率な学習に陥るケースが実に多いのです。

 マンション管理士に独学で挑戦しようと考えている皆さん、本気で合格を目指すならば独学以外の選択肢にも目を向けるべきです。
本サイトを通じて、確実に合格を狙える方法を一緒に考えてみませんか?