独学の情報収集、どうやる?

<独学の克服法>でも書きましたが、独学には先生がいないという大きなデメリットがあります。しかし、それ以外にも情報収集も自分でしなければいけないというリスクがあります。情報収集は、決しておろそかにはできません。

極端なことを言えば、古い教材を使い続けていて、試験範囲が変更になっていることに気づかず、本試験でびっくりするということも考えられます。そこまで極端ではなくても、法改正情報を逐一キャッチアップするのは案外大変です。

d88edf5d12cb9c854af30edfe535f939_s

そこで利用したいのが、資格予備校の無料講座やメルマガです。最近では「マンション標準管理規約」「マンション管理の適正化に関する指針」の改正がありましたが、こういった改正のタイミングに合わせて、資格予備校が無料のガイダンス講座を行うことが多いようです。そもそも、無料ガイダンスの情報を得るためには、これも無料のメルマガに登録しておくと良いでしょう。

無料と言っても、受講生を集めるために有益な情報を提供してくれるので、使えるものは使って情報収集すると良いと思います。さらに詳しく知りたいと思ったら、無料のガイダンスにも参加してみましょう。もしかしたら、まったく知らない情報や、勘違いしていた情報が出てくるかもしれません。

また、資格予備校などの講師ブログも参考になります。

法改正情報や、ちょっとした解法のコツなどを書いてくれることが多いので、定期的にチェックしてみると良いと思います。たとえばこんな感じです → http://www.foresight.jp/blog/mankan/

これも無料なので、いくつかブログを探してお気に入りに登録し、時々眺めるようにしておけば安心ですね。

受験生は勉強に集中し、試験の分析や情報収集はプロに任せてしまいましょう。