マンション管理士の勉強に必要な時間

マンション管理士に必要な勉強時間

勉強するに当たり、予めゴールを想定することが非常に重要です。
目標も立てずにその時の気分で勉強していてはいつになっても合格できません。

そこで、必要になってくるのは目安となる勉強時間です。
それが決まれば後は毎日の生活に勉強時間を落とし込むだけですので、学習計画が立てやすくなります。

それではマンション管理士に合格するためには、どのくらい勉強すれば良いのでしょうか。
一般的には600時間といわれていますが、まったく知識がなく、独学で勉強するとすれば 最低でも700時間はほしいとこです。

では、700時間と決めた場合、次に期間を決めなくてはいけません。
例えば6ヶ月と想定すれば、700時間÷180日=1日3.8時間必要です。

ですが、現実問題毎日約4時間近く勉強するのは至難の業です。
平日が少なめで、休日に思いっきり勉強することも出来ますが、それを半年間続けるのは 苦痛になるはずです。
特に仕事をしている社会人なら、突発的な用事も必ず出てきます。

ですから余裕をもって、10ヶ月くらい長いスパーンで勉強する必要があります。
そう考えると試験は11月ですから、2月くらいから勉強をはじめなくてはいけません。

もちろん、どんなことをしてでも合格したいと考えれば、毎日4時間くらいの勉強をすることは出来るかもしれませんが、だったら何も独学で勉強する必要はないと思います。

ここはしっかりと考えて下さい。
自分は、700時間という勉強をすることができるのか? それは現実的に可能か?と。
もし可能なら自分なりの学習計画を立てて、合格を目指して欲しいと思います。

逆に自分には不可能となれば、通信講座を受講するか、通学講座を受講するしかないと思います。
間違っても、もしかしたら400時間で合格できるかもしれない、勉強すれば何とかなるというような甘い考えは持たないで下さい。 そんな簡単な試験ではありません。

独学で勉強する方は、腹をくくり700時間勉強する覚悟が必要です。