通信講座か通学講座か

マンション管理士は通信講座か?通学講座か?

ここまで、マンション管理士に独学で勉強することを前提で話を進めてきました。
ですが、本音を言わせてもらえば独学で勉強すること自体、私は反対です。
何故なら、資格試験というのは勉強することが目的ではなく、試験に合格することが目的だからです。
そのためには独学という学習スタイルは、得策とは思えません。

少し強引な言い方をすれば、無理をしてでも通信講座や通学講座を利用するべきだと思います。
多少お金がかかっても、資格を取り仕事に活かすことできれば、何倍ものお金が返ってきます。

そこで、ここからは通信講座と通学講座について説明したします。
独学しか興味がなければ飛ばして頂いても構いません。

●通信講座の基本は、ハイビジョン撮影した講義メディア
通信講座といえども基本的には学校と一緒です。 ということは、講師がいて講義を聞けるという事が前提になります。 そのためにはDVDを使い、いつでも講義を聞けるようにしなければなりません。

にもかかわらずDVD講義を用意していない通信講座があります。
それでは、独学とほとんど変わりません。
学校と独学の一番の違いは、講師がいるかいないかです。

但し、DVD講義だからと言って、何でも良いわけではありません。
講義の内容が良いというのはもちろんですが、素人がそれを判断することはできないので、 通信講座の場合、映像の質を確認するのです。
あまり意識したことがないと思いますが、DVD講義では講義と内容と同じくらいか、 もしくはそれ以上に大切なのが講義の臨場感です。

何故なら、ハイビジョン撮影ではなく、教室の講義模様を撮影したり、デジタルカメラで撮影しているようなものは、映像に迫力がなく眠くなってしまうのです。
これは長時間見てもらえればわかると思います。
ですが、専用のスタジオでハイビジョン撮影したものだと、講義に臨場感が出て長時間勉強しても苦にならなくなります。

ですから、通信講座を検討されている方は、ハイビジョン撮影したDVD講義を用意しているとこを選んで下さい。 そうでないとこは独学と変わりません。
ちなみにハイビジョン撮影しているDVD講義を用意しているところは資格系の学校で フォーサイトしかないと思います。
他の大手通信講座は、ハイビジョンどころかDVD講義も用意していないところもあります。

●無料体験ができる通学講座を受講すること。
専門学校に通学する場合も、通信講座同様、講義の質を確認することは出来ません。
そこでおすすめなのは、無料体験講座を受講することです。
そして、講義を聴いてみて良さそうと思えば受講して下さい。

カリキュラムを見ても、良いのか悪いのか素人に判別できませんので、第一印象で決めるのが ベストだと思います。
但し、注意して欲しいのが、資格系の学校の場合、不況のあおりを受け受講生が少なくなり、 講師を常駐させておくことが出来ず、ビデオ講義にしているところがあります。
それだとわざわざ高いお金を出して受講する意味がなくなります。
あくまでも通学講座の最大のメリットはライブで講義が聞けるという事です。 そこは忘れずにいて下さい。

以上が通信講座と通学講座についてです。
中には、どちらが良いか迷っている人もいるかも知れませんが、どちらでも合格することが出来るので、好きな方を選んで下さい。
ただ、あえて言うとすれば通信講座がオススメです。

ハイビジョン撮影しているDVD講義を用意していれば、通学と同等の学習が出来ますし、 受講料も断然安くなります。
その上、時間と場所を気にせず勉強できるので、特に社会人には良いと思います。

一方、通学講座だと時間が拘束されますし、ライブ講義を聞ける学校は都心に集中しているますので、通学できるかという問題があります。 しかも受講料はかなり高額です。

一応参考までに覚えておいて下さい。